かわぐっちゃんのナースブログ

看護師をしております。日々生活しながら、看護、医療、病院、健康などについて日々思うことをまとめ、こちらに届けさせていただきたいと思います。よろしくお願いします。

ナースの怒り #怒り

こんにちは!

かわぐっちゃんのナースブログです。

 

今日は、看護師がどんなときに腹を立てるのか? を考えてみます。


f:id:ineverendforever:20180820051632j:image

 

ただ、看護師というのは色んなことを経験するので、年数を重ねるにつれ肝が据わってくるというか、あまり動じなくなるというか、まあ、打たれ強くはなりますね。


f:id:ineverendforever:20180820051621j:image

新人の頃、夜勤中に点滴を自己抜去してしまった患者さんがいて、その当時、私はとても焦ったし慌てたのですが、一緒に組んだ先輩看護師から言われたことには……

「点滴抜けたくらいじゃ死なないから。急変以外はテンパらないで」

布団も床も血がポタポタ。

「ひぇええー」

と当時は思ったものですが、今の私は患者さんが点滴を自己抜去したくらいでは大して驚かないです。

 

どんなときに腹を立てるかですが、、、

これは人によって沸点が違うのでなんとも言えません。

私は、仕事なので極力職場では感情を荒立てないよう気を付けてはいますが、、、

 

だいたいにおいて、パワハラな目に遭うとかなり沸点到達が速いです。


f:id:ineverendforever:20180820051659j:image

例えば、夜勤帯に患者のことで当直医に電話したところ、

「そんなことくらいで電話しないでくれる」

ガチャ

 

とか

 

患者さんが痛みを訴えていて、先生の指示をすべて実施したのにまだ痛くて仕方ないのだというから電話したら

「指示簿、見て」

ガチャ

 

とか。


f:id:ineverendforever:20180820051713j:image

おまえ、なんのための当直医だ?!

ということが多々ありました。


f:id:ineverendforever:20180820051726j:image

イエーィ!

(高須先生は、イイ先生ですよ。たぶん)

 

あとは、患者さんからのセクハラ的言動。


f:id:ineverendforever:20180820051851j:image

「看護婦さんって、やらしいよね」

とか。

 

やたらボディタッチが多い

とか。

 

セクハラ的言動はアラフォーになってから受けなくなりました。

良かったんだかなんだか、複雑な気分です。

もはや私、女ではなくなってしまったのだろうか?!


f:id:ineverendforever:20180820051713j:image

あとは、

生活習慣病患者の逆切れ

とか


f:id:ineverendforever:20180820052123j:image


f:id:ineverendforever:20180820052135j:image

まあ、ストレスが多くて過食多飲してしまったのは分かります。

でもね、

例えば糖尿病のとある患者さん

「入院中、看護師は熱や血圧だけ測って、血糖値の測り方とインスリンの打ち方しか教えてくれなかった」

いえいえ、糖尿病という疾患については、お医者さんがきちんと説明しています。

看護師も、血糖値を測るときには血糖値の正常について説明します。

インスリン扱うときは、低血糖の説明もします。

 

そもそも

本屋へ行けば、糖尿病の本はたくさん置いてあります。

Googleで「糖尿病」と検索すれば、糖尿病の知識がたくさん出てきます。

それを何ひとつ自分で調べもせずに怒りをぶつけられると、こちらもさすがに腹が立ちます。


f:id:ineverendforever:20180820052201j:image

なんかね、そうした矛先が自分にあるうちはいくらでも返せるしかわせるんでよいですが、新人さんにやられるとこちらも「うわー」とか「あちゃー」とか思います。

人手が足りていない職業なのに、また新しい芽がつまれてしまうのか……という心境に陥ります。


f:id:ineverendforever:20180820052217j:image

どうか、みんなで看護師の担い手を温かく育てていってほしいものです。