かわぐっちゃんのナースブログ

看護師をしております。日々生活しながら、看護、医療、病院、健康などについて日々思うことをまとめ、こちらに届けさせていただきたいと思います。よろしくお願いします。

食べろ食べろと言わないでー! #食事摂取量 #病院食

食事についてふれてみようと思います。


f:id:ineverendforever:20180623202354j:image

私の勤め先でもそうなのですが、お医者さんも看護師さんも、みんなそろって「食べなさい食べなさい」と言います。

さて、食事ってどんな食べ方が望ましいと思いますか?

体質として、太りやすい人と痩せやすい人がいるように、食べ方にだって個人差があります

こんなこと書くとエビデンスがどうとか色々みんな言ってくるんだよねー。

でもね、普通に考えて!

筋肉質ムキムキな人は代謝がよいのだからすぐにお腹空くし、タンパク質もりもり食べないと体がもたない。

脂肪を蓄えやすい人はエネルギーの消費率が低いのだから、当然ご飯少なくても充分なんです。

それをお医者さんも看護師さんも、そろって「8~10割食べるのがいい」って言う。

もともと食が細くて、それでも長年健康体を維持してきた人もいるのに!

 

それに、体が受け付けないときも勿論あります。

こんなときは無理に食べたって何も良いことない!

胃を荒らしたり、消化不良でいつまでも気持ち悪い思いしたり、下痢したり、お腹壊しますよ!

 

脳の疾患は胃に関係ない!ですって!(゚O゚)!

心臓の疾患は胃に関係ない!ですって!(゚O゚)!

まさかまさか!

どんな病気だってストレスになり、胃や腸、消化器官に負担がかかるんですよー!

私なんて、帝王切開のあと、看護師さんからやたら「食べなさい食べなさい」言われてどれだけしんどかったことか!

 

みんな、食べられれば食べるんです!

お腹空けば食べるんです!

食べられないから食べないのー!!

 

患者さんが食べないときは、何かしら理由があるんです。

それを知ろうともしないで、やたら「食べなさい」って言わないでー!


f:id:ineverendforever:20180623203813j:image

これはオマケ。

猫またぎです。私の食べあと。

猫がお腹空いて覗いてみたけど食べられる部分が何もなかった。

だから、またいで行っちゃった。

猫またぎ!