かわぐっちゃんのナースブログ

看護師をしております。日々生活しながら、看護、医療、病院、健康などについて日々思うことをまとめ、こちらに届けさせていただきたいと思います。よろしくお願いします。

病気は早期発見、早期治療を! #健康管理 #早期発見 #早期治療

おはようございます!

かわぐっちゃんのナースブログです。


f:id:ineverendforever:20180921114112j:image

今日は病気の予防と対策についてです。

最近、山本”KID”徳郁さんが41歳の若さで胃がんで亡くなり話題を呼んでいます。

これを期にと言ったら恐縮ですが、私は多くの方に自分の健康への認識を改めてほしいと思います。

news.livedoor.com

 

以下の方たちも、皆さんガンで亡くなっています。

さくらももこさんの死因となった乳がんとは? 女性の30歳~64歳のがん死第1位www.huffingtonpost.jp

誰が川島なお美の命を奪ったのかironna.jp

【訃報】浜尾朱美の最近の闘病中の笑顔の画像が素敵すぎる。残された家族(夫・子供)は?NEWS23初代サブキャスターrainmakerofnews.com

 

ツイッターでも書いたのですが、多くの日本人、日本人だけでなく世界中でそうだと思います。

何も症状がなければ自分は病気とは無縁だと思っています。

 

しかし、癌で自覚症状が出る時期というのはかなり進行してからのことで、症状がなくても癌は発生している可能性があるし、成長もしています。

症状が出てからでは手遅れになることの方が多い病気です。

 

癌だけではなく、生活習慣病も自覚症状が出づらいです。

糖尿病も自覚症状が出たときにはかなり進行していますし、動脈硬化による血管系の病気も症状が出たら即入院が必要となるケースがほとんどです。

 

35歳を過ぎたら、毎年人間ドックを受けることを私は推奨します。

 女の人は30過ぎたら乳がん検診を受けましょう。

最近では日帰りの人間ドックも増えてきました。


f:id:ineverendforever:20180921114323j:image

付け加えることには、癌は早期であれば外科的に摘出した方が予後はかくだんに良くなります。

なんで早くに手術しなかったの?

そう思うことがたくさんあります。

 

私は昔、八光流柔術という合気道に似た武道を少し習っていた時期があるのですが、そのときの師が大腸ガンで亡くなりました。

とても腕の立つ先生で、背中をそっとなでられただけでみんな転がってしまいます。

手相では生命線がとても長く、「俺は100まで生きる」と話していました。

断食までしたことがありました。

その先生が57歳の若さで亡くなりました。

 大腸ガンと診断を受けたにも関わらず、手術を拒否して自然治療にこだわり進行させてしまったのです。

今は腹腔鏡による手術の技術もどんどん上がってきており、必ずしも大きな傷を負って手術しなくてはならないわけではありません。

癌は早期にとりのぞきその後じゅうぶんな管理をすれば予後はそれほど悪くない時代になってきています。

 

なのに、あのスティーブ・ジョブズさえも癌で亡くなっています。

biz-journal.jp

 

心臓の血管病変も開胸手術をしなくても、カテーテル治療でほとんど治せます。

(もちろんこの限りではなく、手術が必要になる場合もあります)

 

糖尿病も次々成績の良い新薬が出てきていますし、早い段階なら生活を見直すだけで改善します。

 

こうした病気の早期発見、早期治療の必要性は私が看護師になりたてのころ、20年近くも前から言われてきたことです。

 

病気に対する認識が甘いです。

重い病にかかって手術を受けたり亡くなったりする話しは他人事ではありません。

 

ぜひ、皆さん、ご自身の体と健康にもっと関心をもってください!

 

 

 

あなたは、大事な人の命、救えますか? #心肺蘇生法 #BLS

こんにちは(゚▽゚)/

かわぐっちゃんのナースブログです。

 

今回は

心肺蘇生法についてです。

こんなこと、書こうか書くまいか迷ったんですが。


f:id:ineverendforever:20180905182941j:image

先日、BLSプロバイダーコースの更新に行ってきました。

このコースは心肺蘇生法の一次救命処置にあたります。内容はひたすら胸骨圧迫と呼吸介助。とてもシンプルな技術です。

ところが、このBLSの手技さえも現代の日本の病院においては、ほとんどの医療従事者にいきわたっていません。

 

こんなことを書くと医療従事者の人たちや医療機関からクレームが着てしまうかもしれません。

しかし、これが事実です。

 

アメリカの病院では掃除のおばさん、事務員、リハビリ技師、あらゆる職種の人たちが受けることを義務付けられています。

いわば、アメリカでなんらかの原因で心停止に陥っても、すぐに救命されることになります。

 

ところが、この日本においては、AEDを使用する手順は行きわたっていても、この胸骨圧迫+呼吸介助の技術があまりにも未熟なんです。

さらに、AEDが使えたとしても、AEDによるショックが必要かどうかの解析は致死的不整脈があるかどうかの判断によるもので、心停止を起こしている場合は「ショックは不要です」と解析されてしまいます

しかし、ショックが不要であっても、胸骨圧迫は必要な場合もあるんです。

そのうえ、絶え間ない胸骨圧迫をすることが心肺機能再開につながるだけではなく、その後の社会復帰率にも大きな影響があるんです。

 

ショックのあとには心電図波形が出たとしても、心臓がきちんと拍動してないこともあります。

しかし、日本の医療従事者は電気ショックのあと、決まって心電図を見てしまいます。

 

最も新しいガイドラインでも、電気ショックの後はすぐに胸骨圧迫を再開することを推奨しており、二分間の心肺蘇生実施後改めて評価をすることになっています。


f:id:ineverendforever:20180905183209j:image

AEDは、万能ではないんです!

 

この日本のほとんどの病院では(すべての病院でとは言いませんが)なんらかの原因で心停止に陥っても、円滑な心肺蘇生法が行われるかは謎です。

とてつもなく謎です。

 

それは、日本のすべての医療従事者と日本に在住の皆さんが認識しておくべきことだと思います。

 

そして、危機感があまりに低すぎる。

自分の家族、恋人、大事な人に万が一心肺停止が起こった場合、あなたは何かできるだろうか?

病院に運び込まれたら、確実に助けてもらえると信じこんではいないだろうか?

 

一般の方は消防署や赤十字でもなんでもいい。そうした機関で心肺蘇生の講習があるならば定期的に参加してスキルを身に着けた方がいい。

医療従事者の人たちは、最低限BLSを取得するのは義務だと私は思っています。

 

書いてある内容は乱暴かもしれません。

しかし、私は言いたい。
医療に従事するからには、プライドのある仕事をするべきです。


f:id:ineverendforever:20180905183019j:image

看護と日常 #看護

こんにちは!

かわぐっちゃんのナースブログです。

 

今日はラフに、看護と日常について書いてみようかと思います。


f:id:ineverendforever:20180902183217j:image

まずは、

看護をすることで日常になにか影響があるか?

というと

・感染予防に過敏だ

・食事中に排泄の話しをしてしまう

・ケガや病気への対処を自分で

その程度じゃないでしょうか?

詳細を書いてみましょうか。

 

・感染予防に過敏だ


f:id:ineverendforever:20180902183235j:image

看護師は常日頃から仕事へ行くたび一処置一手洗いを励行しており、また、暇さえあればアルコールで手指消毒をしています。

私の病院では、感染予防対策については院内で勉強会に参加することが義務付けられており、これはパートであっても必ず参加することになっています。仮に参加できない場合は資料を配布され、それに基づき自己学習をし、レポートにまとめなくてはなりません。

おそらくどこの病院でも感染対策としてこうしたことは院内で徹底されていることと思われます。


f:id:ineverendforever:20180902183246j:image

→家でも感染が気になります。

例えば、通常自宅のトイレってトイレタンクの受け皿へ流れ出てくる水を使って手を洗うみたいな風習があるんですが、あのトイレでの手洗いにものすごく抵抗を感じます。

私は必ず洗面台で石鹸を泡立てて洗わないと気が済まないです。

そしてそれを家族にも強制しがちです。

そのせいか、娘は執拗に手を洗うようになってしまい、この頃は反省してそこまで手洗いにはこだわらないようにしています。

しかし、自分では絶対に嫌!

 

他にも……

  • 歯磨き粉は全員別です。
  • タオルも当然別で使用し、うっかり共用もありません。

(さすがにキッチンや洗面所の手拭きタオルは共用ですが、半日使ったら洗濯済みのものに取り替えています)

  • 冬場はノロ感染に神経質で、誰かが吐こうものならたちまち片付けた後、電解質分解酵素入りスプレーを吹きかけ拭います。
  • ファスタバスターというウイルス除去剤を使用しています。

他にも何かあるかな……あったような、ないような。


・食事中に排泄の話しをしてしまう


f:id:ineverendforever:20180902183526j:image

これは、やめてほしいですよね!

いや、分かっているんです、旦那さんが嫌がってるの。

でもね、看護師ってお昼休みとか、平気でこんな会話するんですよ。

「○○さん、もう五日も出てないんだよ」

「下剤飲ませたの?」

「全然効かなくてね。そろそろ生ませないとマズイですよね」

「GE(浣腸)したら」

「とりあえずあとで掘って(摘便)みようかと思ってます」

これ、昼食中。

それなので、家でもつい赤ちゃんの排泄状況とか話しちゃって、よく旦那さんから「ご飯の後にして」と言われたものでした。

この頃は「もう、慣れた」と順応してしまったようです。


f:id:ineverendforever:20180902183540j:image

・ケガや病気への対処を自分で

家族が風邪をひいたときはとりあえず休ませて、高熱なら寒気のない場合氷枕や冷えピタで頭を冷やします。

職場ではわきの下とかも冷やすんですが、本人がやりたいと言うならやりますが、そうでないなら頭だけにしています。

寒気の強いときはかえって冷やすと苦痛が増すだけなので、寒気のあるときは冷やしません。


f:id:ineverendforever:20180902183629j:image

基本的には発熱してすぐは医者へ連れていきません。連れていくとしたら、翌日も熱が下がらない場合か、本人の苦痛がひどいときです。

なぜなら発熱後24時間くらい経たないと検査をしても菌の判別ができないからです。

それに、だいたい咳止め・鼻水止めの薬が処方されるだけです。

解熱剤の座薬も粉タイプの風邪薬も、前回処方されたものが残っています。慌てて行ったところで菌の判別がつかなければ同じ処方を渡されるだけで、また翌日出直さないとなりません。

だから、自分や家族が熱を出しても早々焦ることはないです。


f:id:ineverendforever:20180902183645j:image

怪我においても、あまりにひどい骨折とか交通外傷とかは別ですが、擦りむいたくらいだとほとんど慌てません。

洗ってワセリン塗って保護剤当てるだけです。

《参照》

うちの手当て #消毒 #手当て #創傷処置 - かわぐっちゃんの日常ブログ

 

火傷の場合はまた別で、しばらく流水にやけど部位をあて、ワセリンをぬりたくってガーゼと包帯で保護して皮膚科へ連れていきます。

 

 

日常生活への影響って、そんなところじゃないですかね?

 

 

えっ?!

旦那さんを尻に敷くだって?!


f:id:ineverendforever:20180902191243j:image

人によりますよ!


f:id:ineverendforever:20180902191256j:image

えっ?

私?

 

 

 

 

 

 

……………………。


f:id:ineverendforever:20180902191327j:image

ご想像にお任せします。

主婦にオススメ、准看護師資格~働き方の参考に #主婦にオススメの仕事 #准看護師

こんにちは!

かわぐっちゃんのナースブログです。

 

今日は昨日に引き続き、主婦への准看護師資格のススメと働き方について書いてみようと思います。



f:id:ineverendforever:20180830191309j:image

(これは昨日の記事です。正看護師と准看護師の違いについて書いています。)

mysoulneverendforever.hatenablog.com

私がなぜ主婦の方たちに准看護師を勧めるのか?

まずは見てください、この求人の多さを!

jp.indeed.com

区域を絞ってはいませんが、准看護師を募集している職場がとてもたくさんあることが分かります。

 

これほど需要があるのです。

そして時給が良いのです。

その辺のスーパーでレジ打ちをしても時給850円がせいぜいですし、子供を保育園へ預けようものなら稼いだ手取りすべてが保育料でとられてしまい、いったい何のために働いているのか分からなくなります。

准看護師の資格であっても取得すれば時給1000円以上~働くことが望めます。

それに、働く現場がけっこうたくさんあることに驚きます。

 

 

最近では病院で看護師資格を取ったが経験の少ない人やブランクのある人を対象に研修制度を設けている病院も増えてきています。

 

例えば、こちらは私が昔お世話になった方が看護部長をされている病院なのですが、こちらでもそうした講習を随時行っており、講習を経て病院に就職される方も多いようです。

www.tsunoda.or.jp

ここは群馬県玉村町にある病院で、長期療養型の病棟もあり、看護師資格を取得された主婦層の看護師さんたちが多く働いています。

通常の勤務より短く9時~16時の間で働くこともできますし、仕事の時間帯は看護部長と相談することが可能です。

 

角田病院だけでなく病院のホームページから求人情報を開くと、こうした講習を実施している病院が他にもけっこうあることが分かります。

 

また、私も看護師になるまでそうだったんですが、看護師の資格を取って働く現場というとだいたい病院とか診療所を思い浮かべる方が大半ですが、介護入浴サービスだったり、デイサービスセンターだったり、老人ホームやその他介護施設などでも看護師の募集をしています。

 

診療所で働くのもアリですが、今後正社員を目指したいと思ったときに診療所だと終了時間が夜7時頃とか、けっこう遅いんです。小さいお子さんがいる場合ではネックになるように思います。


f:id:ineverendforever:20180830191205j:image

これは私ではありません。

 

 

さて、准看護師の資格取得についてですが、ではどうやって実際に資格を得るのでしょうか?

准看護師の資格は、2年間学校に通い、都道府県の知事試験を受けて、都道府県知事免許を取得する必要があります。准看護師の資格の場合、准看護学校の登校日や時間が決められているため、あらかじめ病院などでアルバイトをしながら資格を取得することが可能です。 

私は地元が群馬県なのですが、群馬では医師会が根強く、実際に看護学生として病院勤務をしながら准看護学校へ通うのが一般的でした。

また、病院勤務をしながら学校へ通うので、授業で分からないことがあったときなど現場の看護師や医師に質問をすることもでき、それがとても実になったのを覚えています。

職場によっては学校卒業後継続して働くことを義務付けている場合もあるようなので、そこは職探しのときによくよく注意をしてください。

 

さあ、主婦の皆さん、准看護師の資格を取ってみませんか?

 


f:id:ineverendforever:20180830191240j:image

 

准看護師と正看護師の違い #准看護師、正看護師 #准看護師 #看護師パート

こんにちは!

かわぐっちゃんのナースブログです。


f:id:ineverendforever:20180829171122j:image

今日は准看護師と正看護師の違いについて書いてみます。

准看護師と正看護師、いったい何が違うと思いますか?

この記事が分かりやすいと思います。

iryouworker.com

 

しかしながら、実際の現場では准看護師も正看護師も同じように働いています。こちらの記事には准看護師の数は年々減少してきていると書かれていますが、まだまだ看護の現場は人手不足で准看護師でもじゅうぶん需要があります。

 

ただし、実際の収入は歴然とした差があります。

www.kango-usagi.com

まあ、それはそうかなと思います。

 

私は高校卒業後、准看護師の資格を経て正看護師になったのですが、勉強の内容密度が全く異なります。准看護学校より正看護学校の方がより高度な内容を学ぶことになりますし、実習も正看護学校の方がより厳しかったと記憶しています。

試験内容も准看護師の資格を取得するための試験より正看護になるための国家試験の方が断然難しかったしプレッシャーでした。

実習の合間を縫ってヒューマンアカデミーの講座を受けにいったり、実習が終わると共に看護学校で試験対策の講師を招いてひたすら勉強に励んだり、人生でこれほど勉強に励んだ時期は高校受験のときでさえなかったと思います。

ですから、これほどの苦労の上に正看護師という資格があるのだから、給与に差がなかったらみんな正看護師なんて目指さないと思います。

 

ただし、准看護師であっても経験年数があって知識も豊富な人が大勢いるのも事実です。

国家試験のために培った知識で実践に使えるものなんて微々たるものに過ぎません。

実際に働くようになり、再び参考書を購入し改めて学びを深めていくというのが現実です。

なので、学校を卒業して資格を持っただけの正看護師より何年も経験を積んできた准看護師の方がよほど頼りになることも多々あります。

 

准看護師でも十年経験をつめば正看護師の資格を取得する権利があり、その際には大学で必要な単位を取ったり、指定された病院で実習をしたりする必要こそありますが、経験者から聞くと時間さえ取れるならそれはさほど大変なことではないようです。

ただ、国家試験はとても大変だったと聞いています。

それはそうですね。学校へ行かずに自分で国家試験対策をし、孤独の中資格試験に挑むわけですから、正看護学校で他生徒とのぞむ方がよほどモチベーションが上がり励みになります。勉強をする環境の面でも差があります。

 

しかし、主婦の方々にはおおいに准看護師資格取得をオススメします!

パートとして働くならその辺のスーパーのレジ打ちよりは准看護師でもよほど時給は良いです。

また、子供がある程度成長した場合、正社員になったりまたその上の正看護師を目指したりと選択枝が増えますから、主婦の人には取っておいて損のない資格だと思います。

nursy-assistant.com

 

今日はこの辺で。

後々、主婦にオススメの看護師の職場について書いてみようと思います。

なぜ看護は女の職場なのか~男が看護師目指すなら? #看護師 #男女差 #女の職場

こんにちは(゚▽゚)/

かわぐっちゃんのナースブログです。

 

今日は、看護は女性向きなのかどうかという話しをしてみます。


f:id:ineverendforever:20180827213510j:image

実は、私は看護師3代目で、母も母方の祖母も看護師をしていました。

母から聞いた話しでは、昔は看護師というと診療所で住み込みで働いて、お医者さんのまかないを作ったり、診療所の掃除をしたり、そのほか注射液を注射器に詰めたり、患者さんの包帯を巻いたり、内服薬を調合したり、実に色々なことをしていたそうです。


f:id:ineverendforever:20180827213625j:image

いえいえ、まさかそこまではしてませんよ。

 

そして、今でも看護の仕事というのは実に幅広く、複数のことを優先順位を考えながら同時進行していかなくてはならない仕事です。

今ではさすがにまかないこそしませんが、

患者さんの体を拭いたり

オムツを交換したり

シーツ交換したり

環境整備といって患者さんのテーブルやベッドを雑巾がけしたり

手術の前の支度をしたり

検温したり

お医者さんの指示を受けて実施したり

記録したり

etc.

まあ、実に書き出すと色々こなすことがありますね。

 

こうした業務をこなすのは、実は女性の方が得意なんです。

最早ご存知の方も多くなってきたとは思いますが、女性は脳りょうという部分が男性より広く、右脳と左脳との情報のやりとりが円滑で一度に複数のことをこなせるんです。


f:id:ineverendforever:20180827213822j:image

男の人は一点集中型なので、ひとつのことに集中する能力には長けていますが、複数のことを同時進行させて考えることはとても難しい。

 

それなので、看護の仕事は一般的に女性の方が向いているんです。

 

ですが、男性の看護師も年々増えてきています。


f:id:ineverendforever:20180827213836j:image

では、男性には看護師向いていないのか? といわれると、そうでもないです。


f:id:ineverendforever:20180827214015j:image

この画像、人をコバカにしてるのか?

と言いたくなりますね。

 

看護師には認定看護師(廃止される動きがあるとかないとか最近耳にしますが)や専門看護師となる道もありますから、そうした専門的な方面に進むのも良いと思いますし、集中治療室なんかは一度に看る患者さんの人数も少なくかつ同時進行すべきことも少ない、それでいて集中して医療に携わる現場ですから、男の人には向いているかも知れません。

手術室なんかも一度にひとりの患者さんの手術の対応をするわけですから、男性向きと言えそうです。

 

また、通常の病棟業務も、脳の中であれしてこれしてと複数考えながら仕事をするのが難しい場合は、私はメモ帳への業務の書きだしと付箋紙メモをオススメしています。


f:id:ineverendforever:20180827214421j:image


f:id:ineverendforever:20180827214430j:image

カワイイ付箋増えましたよね~♪

 

最近は電子カルテから患者さんの1日のスケジュールを出せますから書きだしは不要になりましたが、やるべきこと一覧+付箋の活用は実用的です。

付箋に急に頼まれたことをメモして自分の電子カルテに貼っていきます。終わったことは剥がして捨てます。

付箋の列を見ればやり残しがないかどうか、見れば一目瞭然なワケです。

ただし、付箋がなにかのひょうしに飛ばされて無くなったとなると、ヒェーーーー!!の世界ではあります。


f:id:ineverendforever:20180827214130j:image

まぁ、これはひとつの手段として、他にも手立てを考えれば対策は出てきそうですね。

 

看護をするうえでの優先順位についてはこちらの記事を参照ください。

《参照》

病棟ナースのお仕事 #看護師の仕事 #優先順位 - かわぐっちゃんのナースブログ

 

これからは仕事も男女の隔てが解消されていく時代です。

男だから女だからではなく、男でも女でも仕事ができる対策が次々出てくると良いですね!


f:id:ineverendforever:20180827214147j:image

"コトコトキッチン(キューピー3分クッキング) by アオヤマイ&キッズダンサーズ" を YouTube で見る

こんにちは!

かわぐっちゃんのナースブログです。


f:id:ineverendforever:20180824164923j:image

本当は日常ブログに載せようとしたんですが、うまくいかずナースブログに上がってしまいました。

 

今日は息抜きです。

 

まあ、笑って見てくださいよ。

 

これをやったのが娘の出産翌年のことでした。

体型が肥えていて恥ずかしいですね(^^;

 


コトコトキッチン(キューピー3分クッキング) by アオヤマイ&キッズダンサーズ - YouTube